HOME > CLUTCH Journal > 伝統ある豪華客船、クイーン・エリザベスで体験できること。#2

CLUTCH Journal

ジャーナル

2019.07.15

伝統ある豪華客船、クイーン・エリザベスで体験できること。#2

CLUTCH Magazine Travel

英国の豪華客船クイーン・エリザベス乗船レポートの第二回。
前回の記事では客室とレストランを紹介した。今回は、船内で楽しめるエンターテイメントプログラムや施設、リラクゼーション施設を紹介する。クイーン・エリザベスには、ロイヤル・コート・シアターやカジノ、ゲーム・デッキなどのエンターテイメント施設の他、様々なイベントが終日プログラムされている。クラシックコンサートやシンガーによるリサイタル、映画上映をはじめ、クイズ大会、ブリッジカード講座、フェンシングやダンス教室、水彩画教室などとにかくバラエティ豊富。その日の予定は毎日配布される船内新聞で確認できる。

QUEENS ROOM

ウェルカムパーティやダンスパーティが行われるクイーンズルームは、キュナード社の代名詞ともいわれる施設である。撮影日はキュナード社伝統のテーマナイト「ブラック・アンド・ホワイト・ボール」の日で、白と黒を基調としたフォーマルな装いがドレスコード。生演奏をバックにダンスパーティが行われた

EMPIRE CASINO
デッキ2の前方に位置するエンパイヤ・カジノ。ルーレットやバカラ、スロットなどスタ ンダードなゲームを揃える。のめり込み過ぎに注意、何事もほどほどに

GAMES DECK

屋外で体を動かしたい時は、デッキ11の屋根つきゲーム・デッキへ。パドル・テニスやシャッフル・ボード、 デッキ・クリケットなど英国の伝統的なゲームを体験できる

LIBRARY

デッキ 2・3 中央に位置する2 階建ての図書室。天井にはステンドグラスを配し、まるで映画のような雰囲気抜群の空間。約8000冊の蔵書があり日本語の書籍も揃えている

CHURCHILL'S CIGAR LOUNGE


多くの著名人やセレブリティに愛されたクイーン・エリザベス。チャーチル元首相もそのひとりだった。葉巻を愛した氏の名を冠し、デッキ10前方にはチャーチル・シガー・ラウンジが設けられている。種類豊富な葉巻を取りそろえ、海を見ながらくつろぎのひと時を提供する

MAREEL WELLNESS & BEAUTY


2018年にリニューアルしたばかりの高級スパで体のメインテナンスを。マッサージなども用意しており、各メニュー有料。上/じんわりと温かくなる石のチェア 下/水とのふれあいでストレスを開放するアクアセラピーを積極的に取り入れている。ミネラル豊富なプールは 37 〜39°Cの心地良い温度に保たれている



2回にわたってお届けしたクイーン・エリザベスの旅模様、いかがだっただろうか。
アールデコをベースにした クラシックなインテリアに囲まれ、 日中は船内で各種エンターテイメ ントやショッピングを楽しむ。リフレッシュしたい時は、デッキに出て爽やかな波風にあたり、散歩やゲームをしてもいい。大海原を眺めながらのプールやスパも至高の時間だろう。陽が落ちたらドレスアップし、美味しいディナーをいただく。その日がガラ・イブニングであれば、タキシード等のフォーマルウエアがドレスコードだ。西洋の社交界に少しだけ近づけた気がして、胸が躍る。さらにクイーン・エリザベスは、世界の歴史と複雑に絡み合って紡がれてきたダイナミックな船旅の歴史を現代に語り継ぐ客船である。そう、この船に乗って旅をするということは、単にレジャーやバケーションという言葉では表現しきれない価値のある体験なのである。皆さんにもぜひ、この体験を味わってみてほしい。
クルーズ・スケジュールはオフィシャルサイトでチェックできる。


PHOTO GALLERY









Photo by Nanako Hidaka 日高奈々子 Text by CLUTCH Magazine 編集部
Cunard Line  http://www.cunard.jp
当記事はCLUTCH Magazine vol.68の該当ページに加筆修正を加えたものです。

Queen Elizabeth Cruising Travel

  • facebook
  • twitter

このページのTOPへ