HOME > Chief's Voice > クラッチマガジン裏話 part3 men'sfile との出逢い3

Chief's Voice

編集長ブログ

2017.08.23

クラッチマガジン裏話 part3 men'sfile との出逢い3

CLUTCH MAG person Books&Magazine

ニック-クレメンツと私、松島。今夏のBrooklyn,NYにて。

ニック-クレメンツと私の仲介役になったのは画家のコンラッド-リーチだった。
たぶん、あまり本人は意識していないだろうが。

ニックと2人きりだったら、そんなに長く話すこともなかっただろう。

 

彼の望みはクリエイションに専念することだった。

そう、彼はそもそもがフォトグラファーなのだ。

私は、クリエイションに携わっては来ているが、時にプランナーであり、時にマネージャーもやる。

 

編集も好きだが、出版が好きなのだ。

 

雑誌の力も捨てたもんじゃない。

その力を活用すれば世界は広がる。

 

だから、CLUTCH Magazineがmen's fileという雑誌の力を使い、men's fileがCLUTCH Magazineという雑誌の力を使う。

この組み合わせで、さらに世界を広げたい。

 

あっという間にそんな気持ちになったのだ。
当時から、men's fileは日本のコンテンツを多く扱っていた。
そのため、もっと多くの日本の読者を獲得したいという思いもあると言う。

 

 

かつて在籍した出版社が、ダブルフェイスの雑誌を作っていたことを思い出した。

 

その雑誌は、当時人気の女優と超有名プロスポーツ選手を前後で表紙に使って、ダブルフェイスで創刊して話題になった。ただ、雑誌をめくっていくと、真ん中で、誌面が切り替わるようになっていた。

数号そのスタイルをやったが、評判はあまり良くなく、すぐにその画期的なスタイルをやめてしまった。
うまいこと、CLUTCH Magazineは右から開く縦組み構成で、men's fileは左開きの横組み構成だから、そのダブルフェイスもやりやすいなとは思ったのだが、それぞれのページ数が同じでなければカッコ悪い。ページ数をフレキシブルに変える私のスタイルには向いていない。

 

Lightningでは、13周年記念号で二冊を合本して出版したことがあった。一冊が本体、もう一冊は付録扱いだった。その二冊を包むように本表紙がさらに糊付けして、分けられるように作ったことがあった。

コストもかかるので、あまり一般的ではないが、

やるならそれだな! そう考えた。
製造コストのことを考えたら恐ろしいが、この特殊な製本は世界を驚かせるにはぴったりだ。

 

本表紙はダブルフェイスになる。

片側がCLUTCH Magazineで、もう一方がmen's fileの表紙。

 

売る時は一冊だが、読む時は二冊。

ただ、現物がないと、知らない人にはいくら言葉で説明しても通じやしない。

ましてや私の下手な英語では。

 

頭の中でイメージはできた。

 

誰もやってないことをやってやろう!

 

CLUTCH Magazineを買うとmen's fileが付いてくる。

men's fileを買うとCLUTCH Magazineが付いてくる。

 

場所や相手に合わせて、どっちが前になってもいい。

 

これが、長いこと考えてた「何か」の答えだった。

帰国して、すぐに合本で作ったLightningをサンプルとしてロンドンに送った。
もちろん、ニックも驚いてくれたし、これならどちらも立つ。

バカだね〜って、そんな突拍子もないアイデアを笑ってくれる人もいた。
それは、私にとっての一番の褒め言葉だった。

続く

 


 
  • facebook
  • twitter

このページのTOPへ