HOME > Chief's Voice > Another Story of GOODWOODREVIVAL

Chief's Voice

編集長ブログ

2016.10.21

Another Story of GOODWOODREVIVAL

ウェブログ ヨーロッパ vintage

10月24日にはCLUTCH Magazineの最新号が発売となる。
そして、25日から3日間はCCショーだ。
なにかと慌ただしい。
その前にLightningと別冊Lightning Vintage Motorcycle Styleの校了。
あんまり、自分が手を動かすことはないんだけど、気分は忙しい。(笑)
実作業はみんなスタッフがやってくれる。
私の役割は「言い出しっぺ」。こんな本を作ろうとか、こんな特集にしようとか。あとは、イエスとか、ノーとか言うくらい。
あとは、出前を注文したり、ホテルを予約したり、お客様と会ったりと細かいことはいろいろあるが、
まあ、おせっかいな近所のおじさんみたいなものか。
そんな私が、取材で行ったGOODWOOD REVIVAL。

あっちでも、やってることはあまり変わらない。
美味しい昼飯を探して来たりとか。
で、見つけちゃった美味しいヤツ。イギリスで。

食パン2枚にたっぷりチーズを載せてオーブンで焼いた、とってもシンプルなチーズトースト。

3ポンドのチーズトーストが大人気。
3日間で4回も食べちゃった。
うまい。
シンプルなんだけど最高。
イギリスでナンバー1の食べ物。
食べ物以外にも、会場内にはいろんなお店が出店している。それを廻るのも来場者の楽しみだ。


アンティークの自転車店では主に旧いパーツが並ぶ。
私も自分のモールトン用に’50年代のBROOKSサドルを購入。美品! 激安!
今度、ロンドンのお店にも取材に行くことを約束して、こちらを後にした。


会場内にはアパレルショップは数多い。

ミリタリー専門の店や


PRIVATE WHITE V.C.
Tewwdものの専門店はさすがイギリス。
クリケットジャケットもたくさん売ってる。
AERO LEATHERではこのベストを買った。
イギリス古着も充実。カラーピンが欲しかったので、尋ねてみると、そんな小物までちゃんと出てくる。
大人気はミニカー屋さん。どこの国でも大人が熱狂。
歌ってる人も違和感なし。
このメリーゴーラウンド、お金払うと真ん中で男の人が手で回してた。口で回数を数えながら。

自動車メーカーやバイクメーカーもこの日ばかりは旧車を展示。

名車にレア車、珍人などたまげるイベント。本誌ではクルマとバイクを中心に、もっと細かく紹介してます。

この塗装、かっこいいよなぁ~。
  • facebook
  • twitter

このページのTOPへ